小学生

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小学生(しょうがくせい)とは、人生の中で一番楽しめる役職である。また、人を馬鹿にする言葉としても有名である。

概要[編集 | hide | hide all]

主に6歳から12歳のガキ子供が、この役職に分類される。彼らは大抵、小学校というところに収容され、四則演算や簡単な分数、小数、基礎的な常用漢字などを覚える。

また、中学校や高校などの中等教育機関では、成績のいい奴がトップにいるのに対し、小学校では遊びの天才がトップに立つことができる。(大抵そういう奴は中学校に上がった際にいじめられるが。)

また、彼らの9割はニンテンドー3DSというゲームを持っており、妖怪ウォッチというゲームをプレイしている。そのゲームを極めたものもトップに立つことがあるという(もちろん勉強の方はズタズタ。)

また、「うんこ」というフレーズをいうと大爆笑する。

一部の頭のいい奴は私立中学に進学するが、そいつらが1カ月も経つと「小学校の方が良かった」と喋るという謎の病気を発症する。この現象は、特に男子校女子校において顕著である。