山陽電気鉄道

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山陽電気鉄道(さんようでんきてつどう)とはヒョーゴスラヴィア連邦の播磨周辺しか路線が通っていないのに山陽という名前を掲げている鉄道会社である。これは、岡山方面に延伸する計画があったからである。決して作る力がなかったわけではない。

岡山延伸について[編集 | hide | hide all]

今の網干線を赤穂を経由して岡山まで延伸するつもりだったがこの時延伸するの山陽は調子に乗りすぎていて、国鉄誘致の方が大事な地元の議会に許されず、建設しなかった。

関連項目[編集 | hide]