強調多すぎ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

強調多すぎ(きょうちょうおおすぎ)とは、このように強調をしすぎている記事のことである。

概要[編集 | hide | hide all]

強調というのは、専ら目立たせたい事柄重要な事柄のみに対して使われ、乱用するべきものではない。しかし、執筆者が何を目立たせればいいか分かっていない場合や、欲張って何でもかんでも目立たせたがる場合、「強調多すぎ」という現象が起こるのである

強調多すぎの問題点[編集 | hide]

まず読みにくいいちいち文を目立たせるので、文章の流れを何度もぶった切られることになる。そして、何を目立たせたいのかわからない。せっかく目立たせたいのに、これでは本末転倒である。まぁ、読みにくい文章としては際立つかもしれないが

文章以外の強調多すぎ[編集 | hide]

強調多すぎは文章のみに見られるものではなく、様々な分野において起こりうることである。特にそれが顕著なのはデザインである[要出典]。デザインを学ぶと必ず「何を目立たせたいのか?」とどこかで言われるほどである。デザイン初心者は、前述したように何を目立たせたいのかわからないという事態に陥りやすく、強調多すぎ、あるいは強調少なすぎを起こすことが多い。

強調少なすぎ[編集 | hide]

強調少なすぎは、強調多すぎとは逆に、強調をしなさすぎている記事のことである。基本的には強調多すぎと同じ理由で起こる。