雅子

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
徳仁親王妃雅子から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

雅子(まさこ、1963年12月9日 - )とは、国民象徴たる天皇一家を文字通り日本の縮図とするために、敢えて引きこもりの道を選んだ賢明なる皇后である。

概要

元々はハーバード大学経済学部を卒業し、東京大学法学部に学士として学んだり、オックスフォード大学に留学したりしたのみならず、外交官としても活躍したバリバリのキャリアパーソンであったが、皇太子に見初められ、結婚。その後しばらくは公務にも出ていたが、保守的な皇室と宮内庁の空気は、ソ連米国での居住経験がある帰国子女でもありキャリアパーソンでもあった彼女の肌に合う訳もなく、やがて20034年頃には心身を病んでしまった。そこで彼女は発想を転換し、病んでいることを生かし、当時から社会問題となっていた引きこもりの道を選ぶことで、皇室を真に日本の縮図・象徴たらしめることに貢献する道を選ぶことにしたのである[1]

その意図を察している賢明なる娘の愛子も、水から現代の社会問題であるいじめを体験し、不登校の役割をも演じて見せるなど、日本社会の問題を身を以て表現されておられるので、天皇が退位し、皇太子の代となれば、皇太子本人は無論だが、一家全体としても、さぞかし日本の象徴の役割を立派にお務めになることであろう。

脚注

  1. 但し、この頃はより現代的な仮面うつ病を参考にして、楽しさが溢れる外遊・他国王室との交流イベントだけは顔を出そうとされているようである。

関連項目

 

この項目『雅子』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ