徳川家康

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事は決定的にユーモアが欠如しています。治療には十分な栄養と、ウソペディアンらしい生き方と、第三者への尊敬が必要です。
もしあなたがこれといった治療をせずに直ぐ様良くなりたいと思うような横着者なら、この記事を編集してとっとと病を治してしまいましょう。

徳川家康(とくがわ いえやす、:Shogun Tokugawa ieyasu)とは戦国時代の狸爺・将軍・大名である。

活躍[編集 | hide | hide all]

徳川家康豊臣秀吉に挑戦状を出した、その内容は「何えらそうにしてやがる!この戦いもしたことがないクソ野郎が!」、その内容に豊臣は激怒して、「おのれッッ!タダではいかんぞぉ!」と怒鳴りながら、徳川家康の肖像画を踏み回って、振り回しながら、将軍を倒しに行こうとしたが、途中での糞につまずいて、全治一週間の怪我をしたため倒せなかった。その活躍によって、徳川は父に「よくやった!」と言われ父から権利を授かった。その直後に徳川の家をリフォームしてマンションに変えた。
その後、徳川家康は豊臣秀吉に謝りに行ったのだが、父に「そんなもん謝りに行ったら恥やで」と言われ、それに反発して前代未聞の大喧嘩となって、自滅した。 そのあまりに情けない滅び方は戦国大名の恥として一般庶民に知られ渡ってしまった。

恥の隠蔽へ[編集 | hide]

徳川の恥を隠蔽するため、一般庶民は徳川の弟子によって「徳川の事を言うな」と命令された。
その直後に一般庶民は「恥隠蔽反対運動」を始めたが、徳川によって運動は瞬殺された。

歴史年表[編集 | hide]

1600年1月23日 - 徳川家康が権利を授かる
1601年7月?日 - 自滅

  • この記事はユーモアが不足しているかもしれません。