必須アモト酸

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

必須アモト酸(ひっすアモトさん)とは、人類に必要不可欠な栄養素の一つである。

概要[編集 | hide | hide all]

主にニコニコ動画などにおいて、必須アモト酸を含む動画を視聴することで視覚的に摂取することが可能である。しかし摂取し過ぎると中毒症状が発生し、必須アモト酸を必要以上に欲するようになるため、注意が必要である。また、気付かぬ内に依存していることも多々ある。これらを踏まえ、政府は1日の必須アモト酸の摂取量の基準値をおおよそ100amt/日以内にするように求めた。

名称[編集 | hide]

名称の由来に関しては諸説あるが、発見者であり最初の中毒者となった阿本秀和の名字を冠した説などが有力である。また、一部ではとある女優が関係しているのではないかとされているが、久本ファンクラブがそれを否定している。

単位[編集 | hide]

単位はamt(アムト)で換算される。1amtは必須アモト酸を含む動画を1分見た時に得られる必須アモト酸の値である。すなわち1日に100分まで必須アモト酸の動画を見ても良いということだ。

過剰に摂取した場合[編集 | hide]

先述の通り、必須アモト酸を過剰に摂取すると中毒症状や依存症状が発生するため、適度に摂取することが求められる。しかし中には必須アモト酸を過剰に摂取したため人体に影響を及ぼした例がある。その一部を紹介すると、

  • 必須アモト酸を過剰に含む動画を求めるようになる(後述)
  • 必須アモト酸を求めるあまり精神が崩壊し、廃人と化す
  • 日常の生活においてまともな言葉が話せなくなる
  • 目が充血し、場合によっては出血、失明する
  • 常に何者かに見られているような恐怖を感じ、部屋から出られなくなり、人を信用できなくなる
  • 動画を見るたび「かわいいいいいいいいいい」という奇声を発するようになる

などが挙げられる。

hrhr[編集 | hide]

必須アモト酸を過剰に含む動画をhrhr(ハラハラ、孕腹)と呼ぶ。hrhrには1動画だけで普通の必須アモト酸の動画の数倍近くの必須アモト酸が含まれているとされる。投稿者は既に過剰に摂取し中毒症状を起こしているのではと噂されているが定かではない。稀にチェーンメールなどでこれらの動画が転載され、結果中毒症状を起こしてしまった例も存在する。

依存した場合の対処法[編集 | hide]

自らの危険を感じた場合、真っ先に動画の視聴を止める。そしてすぐ寝るか、水を飲んだりして自分の心を落ち着かせると次第に症状が抑えられる。それでもダメな場合は精神外科で診療してもらうことを勧める。