携帯電話

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

携帯電話(けいたいでんわ)とはその名の通り、携帯可能な電話機のことである。英語ではcellphone(細胞電話)と呼ばれているが、確かに卵[1]と同じぐらいのサイズなので、一理ある。

概要[編集 | hide | hide all]

1995年ごろから急に復旧し、現在はスマートフォンという形で今では必需品としてだれもが保有している[2]。 では、この便利なマシンの基本的な使い方を取り扱っていく。

LINE SKYPE[編集 | hide]

電話料金がかからずにだれとでも話すことができるアプリで、携帯会社としてはこの上ない迷惑なアプリである。通話料金が取れないじゃないか。本当に電話なの?

ゲーム[編集 | hide]

いろんなゲームや音楽プレーヤーとしての側面も持ち、iTuneストアで買えば携帯電話で聞き放題。本当に本当に電話なの?

アプリ[編集 | hide]

近年では、アプリによって、リモコンの代わりになったり、財布の代わりになったり、乗車券の代わりになったりする。そのほかギターのシミュレータや、ギターアンプの遠隔操作などがあり、LINE6社では、スマホで操作するアンプなるものまで作っている。ねぇ、本当に電話なの?

メール[編集 | hide]

電車の中、公共の場所、自宅と場所を選ばず、最も使われているのはメールである。仲良くなったらメアド交換が現在では一般的である[3]

結論[編集 | hide]

どこが電話やねん!!!

脚注[編集 | hide]

  1. 巨大な単細胞である。
  2. 旧来の携帯電話は日本特有のものになりつつあり、ガラケーと呼ばれている。
  3. 若者の間ではむしろラインやフェイスブックになりつつある。