播但線

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

播但線(ばんたんせん)とは、昔はすごかった運炭路線である。

概要[編集 | hide | hide all]

昔は生野銀山などから鉱物を運炭していて栄えていたが今は特急が走るが特急なしでは何も意味も無いただのローカル線に落ちぶれている。 今では学生を主に輸送中である。

現在[編集 | hide]

寺前より北は本数が少なく、ひと駅しか通過しない快速がある。南は一時間に二から三本くらい。特急はまかぜが一日三往復。たまに221系223系がやってくるが誰も気にしないだろう。

車両[編集 | hide]

103系[編集 | hide]

普通におんぼろ車両にみえる。

早そうなやつ[編集 | hide]

関連ページ[編集 | hide]

 

この項目『播但線』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ