新宿パークタワー

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新宿パークタワー(しんじゅくパークタワー)とは、東京都新宿区西新宿の超高層ビル群で、オペラシティタワーを除くと最西端にある高層ビルである。通称は、キングギドラの棺、又は第三都庁ビル。

概要[編集 | hide | hide all]

都庁ビルと同じく丹下健三によって設計されており、そのデザインが都庁と酷似しているため、第三都庁ビルと揶揄されている。尚、第三都庁ビルながら、第二都庁ビルよりは存在感が濃く、高さで言えば、新宿の高層ビル群では第一都庁ビルに次いで2位である。

1994年に竣工。ちょうど平成ゴジラシリーズでゴジラとキングギドラが暴れて都庁ビルを壊した後に建造されていることと、その特徴的な三連頭から、キングギドラ、あるいはメカキングギドラの亡骸を素材にして建造されたとも、建物自体が平成キングギドラのになっているとも言われており、キングギドラの棺とも呼ばれている[1]

バー・ニューヨーク[編集 | hide]

キングギドラの頭ならぬ最上階・52階は、ニューヤードの異名を持つ新宿にふさわしく、ニューヨークというバーになっている。このバーは都心側に向いており、その反対側はグリル・ニューヨークとなっているのであるが、いずれも、パークタワーの上層階に入っているホテル、パーク・ハイアットの一部となっている。

特徴は、英語が話せる人であれば、日本人相手でも、ニューヨークよりは香港シンガポールを思い浮かべさせるアジア訛りとはいえ、東京離れした英語で応対してくれる[2]こと、そして、夜景には都庁をはじめとする新宿の高層ビル群、東京タワー及び東京スカイツリーなどを全て一方向に見ることができることである。

ここで光るのが、代々木のドコモタワーである。この建物の頂上部が、あたかもエンパイア・ステート・ビルディングを彷彿とさせる尖塔状になっていることで、東京に居ながらにして、まさにニューヨークにいるかのような気分を楽しむことができるように工夫されている。

夜が遅くなるとジャズも流れ、雰囲気が盛り上げられる。まさに、ちょっとしたニューヨークになっているのである。

脚注[編集 | hide]

  1. ゴジラはやたらと新宿を好む。84年、91年に続き、99年のミレニアムでも新宿が舞台となり、パークタワーもしっかりこの時破壊されている。
  2. 話せない人にはちゃんと日本語対応もする。