日清財閥

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日清財閥(にっしんざいばつ)とは、かつて存在した財閥である。

概要[編集 | hide | hide all]

戦前の日本七大財閥(三井三菱住友富士日本安田日清)の一門であり、経済的に重要な存在であった。同時の財界では、これらな財閥が無くては経済が回らず発展もままならない状態であった。

日清財閥の流れを受ける企業一覧[編集 | hide]

日清貿易
日清財閥の創始企業であり、創業は1796年である。現在も日中間の貿易に多大な影響を与えており、現在も存在しないと日中貿易がストップすると言われる程である。
日清紡績
日清財閥の紡績・生糸製造部門。自称今、必要な会社。最近社名を日清紡に変更した。
日清製粉
元々、どこの財閥にも関係の内会社であったが、横浜にあった日清財閥の製粉企業の日清製粉を買収した時に、日清財閥系会社化した。現在も様々な粉物を発売している。
日清製油
大倉財閥と日清財閥が共同で設立。20世紀に入ると、日清財閥系企業になった。現在は、合併で日清オイリオという名前となっている。
日清食品(旧)
日清貿易食品として1871年に創業。その後1894年に日清食品に社名変更した。解体後も1949年まで名乗っていたが、GHQから日清財閥食品部門の統合的象徴を理由に、中央食品に社名変更させられた。その後、日清食品への社名回帰を目指した物も、当時日清食品で勤務し、後にこの会社を退社した安藤百福氏らの会社が、日清食品に社名を変更した為、使用出来なくなり、結局別社名になった。
日清製紙
日清財閥の製紙部門。現在は、余り有名では無いが、戦前は日本製紙・王子製紙と共に有名な会社であった。
日清医療食品
1944年、日清病院で勤務していた村田清次が医療食品部門を独立して開業。その後、一度の解散を過て再結成し、現在はワタキューという無名企業のグループ会社となっている。
日清製菓
1919年に、日清食品の製菓部門が独立して設立。その後、一旦解散したが、現在、残党が経営する 製菓会社がこの名前となった。
日清製薬
日清財閥の製薬部門。現在は大幅に縮小しているが、今尚製薬界を支えている。
日清工業
日清財閥の工業部門。軽工業を主に扱う。
日清鉱業
日清財閥の鉱山経営部門。石炭の採掘や、その他金属、資源の採掘に於いて重要な役割を果たす。
日清出版
日清財閥の出版部門。解体後は、経営悪化が続き、1958年についに倒産。その後も何とか経営を続けるものも、1981年に事業を止め休眠会社となった。
日清重工業
日清財閥の重工業部門。
日清カメラ
日清財閥のカメラ製造部門
日清運輸
日清財閥の運輸部門。
日清電気
日清財閥の電気部門。電力国有化に伴い、解散した。
日清電機
電化製品部門。各地にチェーン店を置く。
日清建設
建設部門。
日清通信工業
パソコン等の製造。
日清石油鉱業
石油の鉱業部門。
日清ガス
ガス鉱業・ガスボンベ製造部門。かつては都市ガスも行っていた。
日清通商
商業部門。
日清通販
通販販売部門。日清通商系
日清銀行
銀行部門
日清乗合
バス・タクシー部門。

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『日清財閥』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ