日馬富士公平

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
日馬富士から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

日馬富士 公平(はるまふじ こうへい、本名: ダワーニャミーン・ビャンバドルジ<漢字表記: 駄話尼民 暴馬獲士>、1984年4月14日- )とは、日本の伊勢ヶ濱部屋所属のモンゴル人力士にしてエクストリーム・暴力のカリスマとして知られる大横綱兼エクストリームスポーツプレーヤーである。

概要[編集 | hide | hide all]

テレビで相撲を見て日本相撲の道へ進む。青年期はモンゴルでチンギス・ハーンのやり口を学びつつも体を鍛え続け、2001年に初土俵入りをした。これが彼にとって新世紀初の大仕事であったことは言うまでもない。

初土俵入りから9年後、2010年に朝青龍が一般人の暴力によりエクストリーム・暴力の優勝ならびにエクストリーム・謝罪準々優勝をしたのを見てエクストリームスポーツの道に進み始める。

2017年、遂に暴力の限界に達したため貴ノ岩を殴るという暴行に走り、見事エクストリーム・暴力に優勝した。

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『日馬富士公平』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ