有力ユーザーを荒らし扱い病

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有力ユーザーを荒らし扱い病(ゆうりょくユーザーをあらしあつかいびょう、:Influencial user Vandal treatment-Feeding,IVF)は、MediaWikiなどのサイトにおいて、管理者をはじめとした有力ユーザー、もしくは有力ユーザー気取りの勘違い野郎のことを荒らしとして扱う病気である。

概要[編集 | hide | hide all]

有力ユーザーは基本的にサイトに非常に貢献しており、その光景は初心者からすればものすごい出しゃばりに見えるという[要出典]。基本的にはコミュニティに徐々に慣れていくためこの病気にはかからないことが多いのだが、その段階で有力ユーザーに恨みを持ったりするとこの病気に罹患しやすい。

症状[編集 | hide]

  • 有力ユーザーの利用者ページに{{IBU}}を貼り付ける。
  • ユアペディア2ちゃんねるなどに有力ユーザーの誹謗中傷を書き込む。
  • コミュニティ上でも誹謗中傷をする[1]

罹患しやすいユーザー[編集 | hide]

  • 有力ユーザーに恨みを持った初心者。
  • そもそもの荒らし

治療法[編集 | hide]

恐怖政治をする奴らによってブロックがなされる[2]

脚注[編集 | hide]

  1. 大抵の場合相手にされない。
  2. この病気にかかるのは大抵が荒らしなので、大抵は無期限ブロックである。