木造車

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「森林鉄道」の項目を執筆しています。

木造車(もくぞうしゃ)とは、木を育て育むために使用される鉄道車両。

多くは軽便規格の簡易な車両であり、植林から最終的に伐採して木材を搬出するまで全てをサポートする営林事業に使用された。

背景[編集 | hide | hide all]

原生林の伐採が終わった禿山に、再び植林し、荒廃して崩れやすくなった地盤を改良し、人員を輸送し、人員の面倒を見るためには、麓からの輸送手段が欠かせなかった。

しかし、19世紀から20世紀初頭の未熟な土木技術では、山あいの隅々まで林道を建設するのは困難であった。一方で、かろうじて簡易軌道のレールなら敷設可能な場所が多くみられた。

これらの軽便鉄道では、特徴ある車両が多数みられた。現在では、土木技術の向上により林道が整備され、ほとんどの木造車は役目を終えトラックなどの車両に置き換えられている。

概要[編集 | hide]

森林鉄道で用いられる木造車は、山間部の厳しい地形を反映した特徴あるものであった。

  • 山間部であり急勾配・急曲線が多い。
  • このため標準軌や日本国鉄標準の1067mm(3フィート6インチ、ケープゲージ)では敷設困難であり、762mm(2フィート6インチ)や610mm(2フィート)軌間が多い。
    • 鉱山用と異なり、508mm軌間の採用は日本国内では少ない。理由として運材台車の互換性や、材木など不安定な貨物を輸送する必要性が挙げられる。
  • 簡易軌道で軸重制限が厳しいため軽量化を要する。
  • 材木などは長尺物輸送を必要とする。
  • 火の粉が飛ぶ蒸気機関では森林火災の恐れが強く、対策を要する。
  • コストのかかるトンネル工事は最小限にとどめられた。
  • 沿線道路が未整備のため、保線や人員輸送に自動車を使用することが困難である。
  • ヘリコプターは実用化前もしくは高コストで使用頻度が限られる。
  • 木材資源は豊富だが、山間部であり鉄材は貴重である。

これらの理由から、多くの車両には木製の小型車が用いられた。

動力車[編集 | hide]

黎明期の車両は人力や馬匹により運行された。蒸気機関車も用いられたが、火の粉止めなど特徴ある構造がみられた。

内燃機動車が実用化すると、比較的小型で開発がたやすいこともあり、小型のガソリン機関車やディーゼル機関車が用いられた。日本ではガソリンが統制物資となったことや火災への恐れから、ディーゼル機関車が主流となった。木炭車など代用機関も試みられたが、勾配のため使用困難であり、ほとんど使用されないまま終戦を迎えた例が多い。

貨車[編集 | hide]

特徴ある貨車としては、運材台車が挙げられる。

通常の鉄道輸送で用いられる長物車は、材木の全長より長いが、これは森林鉄道では急カーブを通過できず使用できない。ロングレール輸送用の貨車は荷物であるレールより短いが、これはレールがわずかに曲がるから可能なことであり、森林鉄道で使用するとレールの弾性に貨車が耐えられず脱線する。それ以前に、木材はそこまでしならずに折れる。

このため、台車の長さ程度の長さしかない荷台をもつ運材台車を連ねて木材輸送を行った。長尺の材木に対し、2個以上の運材台車に固縛する例と、1個の運材台車を材木の中央に設置し、大幅に台車からはみ出した危険な状態で牽引させる例があった。

派生文化[編集 | hide]

鉄道でしか到達できない秘境、孤立集落の独自文化という異世界は、新進作家の創作意欲をかきたてるものであった。

そしてトラックという時代の流れに押しつぶされた最期と、海外譲渡や工事軌道への転出など異世界への転生。

ナローゲージの木造車による、都会人には聞きなれない鉄路の響きは、いつしかナロー系小説という新たな文化を作り出すこととなった。