本能寺の変

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本能寺の変(ほんのうじのへん)とは、天正10年(1582年)6月2日、京都にある本能寺にて、もう少しで天下を取れる優越感や余韻に浸っていた織田信長が、明智光秀の謀反により自害に追い込まれた事件である。どのようにして自害に追い込まれたのかが大問題になり、令和になった今もなお大問題のままである。

民衆の疑問[編集 | hide | hide all]

織田の功績を横取りし、天下を10日間だけ取った三日天下の卑怯者であるが正義の潜入捜査官・明智刑事[1]は、「人間である信頼性とは何か?」との民衆の疑問に答えるために、織田に対する死刑執行の動機を語った。そしてその手法は、階級上流階級に派生して伝わり、犯罪者に対する牢獄での扱い方の元となっている。

明智が織田を嫌った動機[編集 | hide]

その謀反の動機は、織田の非情さ[2]に、うんざりしたことだという。明智の、罪人・織田に対する怒りの感情は、恐らく敵将を討ち取る度につのり、織田の人権蹂躙に罪悪感を感じていた[3]。しかし、織田勢において毎度にわたり敵将の首を討ち取り続けたのは、ほかでもない明智であった。その現場はあまりにも残酷であり、そのたびに明智のストレスは溜まっていった。ほかにも、織田が「バカもん、このキンカン頭が!(激怒)」と光秀に激怒した[4]ことに対し、織田も普通にハゲてたので人のことを言えなかったために、明智を苛立たせたこともあった。それらに対する怒りが爆発した結果、織田が天下を取る前に、死刑に処したのであった。

なぜ本能寺の変で明智は織田を自害に追いやったのか[編集 | hide]

その手段は、明智の主謀により「三人の高度な情報統率で徳川を討ちに行く」と嘘をついて権力を行使させるというものであった。罪人の織田信長を討つ為に織田兵をも騙し、徳川を討つつもりの彼らを動かして「兵を本能寺へ進軍し包囲しているだけで良い」と命令をした。明智のにらんだ通り、織田は寝込んでいる最中だった。そして、寝ぼけていたのか、それを敵兵に包囲されたと思い込み、討ちとられる脅迫感や天下を取る一歩前だったことによるプライドを揺さぶらせ、自害をしようとする気持ちを強くさせた。織田は罪悪感が自身に向かったことで、本能寺に猛火油(ガソリン)をばらまいて、燐寸(マッチ)を使って火を放ち、大業物の刀・不動国行(ふどうくにゆき)で自害した[5]。信長の亡骸は、包囲した織田派の兵達が回収して手押し車に乗せられ、別の場所に墓をつくったのだろう[6]

マインドコントロールの研究[編集 | hide]

それから約四世紀の間に、犯人を逮捕した後に(特に死刑の場合)相手に対して強い自己嫌悪を覚えるように仕向け、自害をする気にさせ、結果として刑を実行するというマインドコントロールが刑務所で広まった[7]。それは民衆にも派生し、パワハラとして社会問題の一つになっているという。

脚注[編集 | hide]

  1. なんか設定が変わっているが誰も気にしない
  2. 「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」という言葉はみんな知ってるよね?
  3. 明智は敵将の命の価値を重んじていたため
  4. 光の下と秀の上の部分を取って合わせて禿ということらしい。
  5. 薬研藤四郎「大将、なぜ短刀の俺っちじゃないのさ」
  6. 墓はいまだに見つかっていないため、あくまでも推測の域である。
  7. 警察はシークレットとしているため、あくまでも推測の域である。