杞憂

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杞憂は、無駄な心配をすることを指す故事成語である。

由来[編集 | hide | hide all]

出典は『列子』。古代中国という国の人が「いつか天地が崩壊してしまうのではないか」という誠に馬鹿げている心配をしていたという故事より。杞人の憂い。

はわわ、間違えて輪廻転生の話してないかなはわわわ…

なぜ天地が崩壊するのか[編集 | hide]

漢字間違えてないかな…必要以上に偉そうになってないかな…見出しレベルミスってないかな…

天地が崩壊する理由としてはじっくり考え抜いたがこれしか思いつかなかったが、次のような理由があると思われる。<del>の中の文章が長いって怒られないかな…

一つ目はがお怒りになったとき。これは天地崩壊で済めばいい方かもしれない。二つ目は、とてつもなく大変なことになった時。例えば、隕石とか。今更だけどリンクの付け方あってるかな…{{size}}の使い方あってるかな…

神のお怒り[編集 | hide]

神がお怒りになるというのは、なかなかなことをしないと起こりえない。神を怒らせるというが、そもそも私たち人間と神様が住んでいる世界自体が違い、会うこと自体が困難である。また、神が触れることができるのか、神は何でお怒りになられるのか、それぞれ調べれなければ怒らせることは難しい。

こんなこと書いて神様怒らないかな…

とてつもなく大変なこと[編集 | hide]

これはかなり抽象的だが、とどのつまり「死」を意味している。死んでしまうと、天が地になるため、これは天地の崩壊といえるかもしれない。

何書いてるんだってトークページに殴り込まれないかな…

用例[編集 | hide]

  • 杞憂に過ぎない
  • 杞憂に終わった

此の節ごとバッサリ除去されないかな…はわわ

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『杞憂』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ

とりあえずスタブ貼っときゃいいやって思ってるでしょって怒られないかな…


デフォルトソートとカテゴリの付け方これであってるかな…Longshortついてるかな…