東海道本線

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東海道本線(とうかいどうほんせん)とは、函館本線東北本線山陽本線鹿児島本線と並び日本の交通の大動脈として機能するJR最大の幹線である。また、それ故に数多くのエクストリームスポーツが行われている。

概要[編集 | hide | hide all]

1872年10月14日に開通した日本一古い路線。東名阪間を結ぶ為、現在に渡って主要な都市間輸送路線として機能しており、小田原〜豊橋間の都市間の鉄道としての輸送に至っては実質独占状態である。そのせいか、JR東海はその区間の管理を実質、営業放棄しており、車両こそは新しいものの快速を意地でも設定しなかったり、車内はロングシートなどやる気はなく、線路がきれいに見えるのは貨物列車を走らせるためである。また、京阪神間は新快速なるエクストリームスポーツの会場として全国的に知られている。

JR東日本区間[編集 | hide]

首都圏らしく、ロングシートばかり(運がよければボックスシートもある)という完全な手抜き。快適に過ごしたいならグリーン車を使えばいい。

JR東海区間[編集 | hide]

熱海〜豊橋[編集 | hide]

長時間ロングシートはさすがに厳しい。まるで地獄。

競合路線がないのでロングシートばかりの手を抜きっぷりである。マゾヒストな鉄道教徒達がよく巡礼している。

豊橋〜米原[編集 | hide]

名鉄という忌まわしいものがあるので転換クロスシートの車両が走る。

JR西日本区間[編集 | hide]

阪急電鉄阪神電鉄京阪電鉄という敵がいるので130kmでかっ飛ばす無料特急を走らせている。琵琶湖線とか京都線とか神戸線とかいう愛称があるが全然愛おしくないのが現実である。

関連項目[編集 | hide]

 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは335日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。