森ただのり (うんこかけご飯)

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネタ記事

この記事は事実を述べた記事だよ。ウィキペディアユアペディアエンペディアユーモア欠落症患者が言うんだから間違いない。

え?それじゃ八百科辞典じゃないって?元ネタがすでにネタだからウソ書く必要ねえんだよ。

森ただのり(本名:森忠則、2000.9.31~)とは、作家・随筆家・歌手・俳優でありJEOC(日本エクストリームオリンピック協会)の審査員である。うんこかけご飯をエクストリームオリンピックに招致した事で有名。

略歴[編集 | hide | hide all]

2000年9月31日という世紀末の臭い日に馬小屋で生を受ける。そもそも9月31日は本来存在しないが、丁度9月30日と10月1日の界隣に生まれた為こうなった。出家はとても貧乏で貧困な家庭で、そこで労働しても稼げないので出稼ぎに出ていた。2005年12月に自身を語った短編小説貧乏児で作家としてデビュー。しかし、売れ行きはそこまで良くなく増部による増部が更に家計を圧迫した。2007年、町の支援の基で小学校に入学し1年2組になる。その年の母の日に作文「僕のお母さん~ うんこかけご飯 ~」を発表しこれがIEOCへの正式競技審査の際に読まれ、爆発的なヒットを遂げる。

その後子役デビューも果し、それらの金で次々と作品を発表した。中学進学以降は歌手としても活動し、卒業後現在は剛田財閥で勤務しながら、従来の活動も行っている。

また、のび太国漫画合戦のアイデア担当スタッフ、彼の発表作品の印税による資金援助も実施しており、他作品からキャラクターを盗作するという技術は彼が発明したと言われている。