「ユーモア欠落症」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
<h1><big><center>診断書</center></big></h1>
{{Medical}}
----
*■氏名:<u>{{USERNAME}}</u> 殿
ユーモア欠落症(ーけつらくしょう)とは栄養不足と日照量の不足が原因で[[憂臓]]の[[ユーモアホルモン]]の分泌量が低下し発生する精神疾患である。正式名称はユーモアの決定的欠落症候群。
*■住所:<u>**** ******* ***</u>
 
*■生年月日:<u>****</u>年<u>**</u>月<u>**</u>日 (<u>**</u>歳)
 
----
 
<h2>■病名:ユーモアの決定的欠落症候群(ユーモア欠落症)</h2>
 
==患者*病気解説、主な症状==:
==概要==
ユーモア欠落症(ーけつらくしょう)とは**栄養不足と日照量の不足が原因で[[憂臓]][[ユーモアホルモン]]の分泌量が低下し発生する精神疾患である。正式名称はユーモアの決定的欠落症候群。
ユーモア欠落症は、ユーモアや冗談・風刺を面白いと思わなく、何事も真実だと思い込むといった症状が主で。相手が面白いと思って発した言動が全くおもしろくない騙されたなどと思いすぐに激怒するなど精神性と社会性が徹底的に失われている。主な治療法として、対処療法や転地治療、日光が充分当たる所で栄養ドリンクを取りながらアンサイクロペディアか当ウィキを見ることによって治療が可能である。精神疾患や人的障害の中でこのユーモア欠落症は唯一治せるものでもある。
**ユーモアや冗談・風刺を面白いと思わず、何事も真実だと思い込むといった事が主な症状
 
**相手が面白いと思って発した言動が全くおもしろくない、騙されたなどと思いすぐに激怒するなど精神性と社会性が徹底的に失われていきます
健常者がウィキペディアなどが原因で発生がありがちなことを以下に挙げる
*病気の主な治療法:
*冗談を言われて怒って喧嘩になる→お友達ができない
**主な治療法として、
*デートで間が持たない→ベッドにまで持ち込めず童貞に。
:::「 対処療法や転地治療、日光が充分当たる所で栄養ドリンクを取りながらアンサイクロペディアかウソペディアを見ること 」
*困難な状況を笑い飛ばせない→マラソン選手とゴルファーにはなれない。
::があります
*宴会の席で辛気臭い→上司の覚えが悪く出世が遅い。
*補足事項:
*部下の失態をジョークを交えてフォロー出来ない→リストラ課に配属される。
**精神疾患や人的障害の中でこのユーモア欠落症は唯一治せるものです
*センスがちっとも面白く無い→空気が読めずにこんな事件を起こす
----
*目立ちたがる→豚丼を盛りつけ過ぎたりGKBRを揚げたりする。
上記の通り診断いたします。
*毎日が面白くない→ウソペディアを見る。
:平成29年
*毎日が致死的に面白くない→アンサイクロペディアを見る。
::医療機関名:嘘山病院
 
::住所:{{禁則事項}}
 
::担当医師:嘘口英世
==患者の主な症状==
::診断書発行責任者:嘘里芝三郎
この疾患には以下のような[[症候]]が認められる。
::院長:嘘田嘘一郎
*[[ジョーク]]や[[冗談]]の、何処が面白い([[笑う|笑い]]を誘う)のかがわからない。
*ジョークや冗談を見聞きすると、不快感・吐き気を覚える。
*ジョークや冗談を聞いて楽しんでいる人を見ると、憎悪の念を抱く。
*ジョークや冗談の不条理な点を的確に指摘できる自分を頭のいい人間だと思っている。
*ジョークや冗談をパーティーで言うと、自分の周りから人が減るが、その理由がわからない。
*ジョークや冗談の登場人物(=ジョージ)が、自分の事だと思い込み、自分を笑い物にしていると考える。
*ジョークや冗談ということを理解できずにマジギレする。
*ジョークや冗談と悪口や暴言の区別がつかない。
*この記事を読んで本気にして、医療辞典などで調べだす。
 
==ユーモア欠落症とみられる主な人物・団体==
*[[ウィキペディアン]]
*[[ユアペディアン]]
*[[エンペディアン]]
*[[アンサイクロペディアン]] - 一部ではあるが、ユーモアが飽和状態になっているアンサイクロペディアで長く滞在していると感覚がなまってしまい、ユーモアの根本が分からなくなる。
*[[ウソペディアン]] - こちらも、一部ではあるが、ユーモア枯渇症が原因と思われる、この症状の患者が存在する。
*[[教師]]
*[[政治家]]
 
 
 
==関連項目==
*[[ユーモア枯渇症]]
*[[致死的退屈症]]
*[[憂臓がん]]
 
{{スタブ}}
手動承認された利用者、管理者
1,807

回編集

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。

案内メニュー