イヌ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
どう見てもエリンギ。
いや、むしろお察し下さい

イヌ(いぬ)とは、存在が嘘っぱちな動物である。確かにそこに居る。

ここウソペディアンにとってイヌとは[編集 | hide | hide all]

である。嘘である。そもそも存在しない。

アンサイクロペディアンにとってイヌとは[編集 | hide]

おバカの大将気取りども畜生である。猫好きはイヌ。

ウィキペディアンにとってイヌとは[編集 | hide]

間違いなく、モップではない。

食肉であり、キャッツアイ(ネコ目)であり、オオカミやキツネやタヌキなどと同じである。奴らはタヌキと同じであると信じており、故に猫型ロボットと同じだと本気で信じているらしい。救えない。。。というか、こんなモップみたいな奴を食えるの??

関連事項[編集 | hide]

 
 

この項目『イヌ』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ


この記事は先編集権の放棄が謳われています。
この記事は誰でも自由に拡張・改変できますが、先編集権を理由に差し戻しされることはありません。
でも、ユーモア建前の区別を付けられるぐらいの知性は必要だよ?
お知らせ:本記事は「CC BY-SA 4.0 」が適用されます。デフォルトの「CC-BY-NC」ではありませんのでご注意ください。
なお、画像や音声等のファイル、外部読み込みコンテンツなどの「読み込み物」は、このタグからは対象外です。