三行廃棄物

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三行廃棄物(さんぎょうはいきぶつ)とは、アンサイクロペディアなどで日々廃棄されるもの。最近ではアンサイクロペディア産のものに限りウソペディアへ輸出されている。

概要[編集 | hide | hide all]

三行廃棄物は、即時削除案件である一行記事ではないにせよ非常に短い記事の事。いわゆるスタブの慣れの果てである。Wikipediaでは出典さえつけてあれば(架空の書物でもなんでも、検証作業が行われないものの方が多いので)大抵残してもらえるが、アンサイクロペディアなど一部のwikiサイトでは「存在する価値なし」と断ぜられ廃棄される。多い時には一週間に数十もの三行廃棄物が生まれ、管理者や一般ユーザーを困惑させている。

三行廃棄物は読みごたえに欠け、wiki係サイトの存在理由である「暇つぶし」という目的を果たせないため破棄にされているわけだが、これを修繕して使用するのは並大抵の事ではない。元が短く中心もないため増量が困難であり、肉付けをしたところでなかなか普通の記事には至らない。なお、ウソペディアへ輸出されたものもすべてがすべて利用価値があるわけではなく、産業廃棄物から物置の不良在庫になってしまう場合もある。