磯野財閥

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
磯野ホールディングス株式会社
Isono Holding Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 東証1部 3xxx
略称 磯野、イソノ、IS
本社所在地 日本国
121-XXXX
東京都世田谷区桜新町あさひが丘1丁目3番6号
電話番号 03-366x-xx
設立 1948年5月1日(磯野土地合資会社として)
業種 持株会社
事業内容 中核企業の持株
代表者 代表取締役社長 磯野克雄
資本金 1666億円
売上高 222兆2222億円
従業員数 8352人(単体)
842950人(連結)
(平成20年4月01日現在)
決算期 3月
主要株主 磯野佐場夫 25.32%
主要子会社 磯野地所株式会社
磯野重工業株式会社
磯野製作所株式会社
関係する人物 磯野波平

磯野財閥(いそのざいばつ)とは、磯野波平によって創業した総合ベンチャー企業である。三菱グループ花沢グループとの関係が深く、早期から大企業に成長した。

概要[編集 | hide | hide all]

磯野波平により創業、不動産開発を中心に成長した大企業であり、現在の日本連盟三大財閥のうちの一角を成している。

他の中川財閥花沢グループが戦前創業なのに対して磯野財閥は戦後と他に比べると歴史が浅いものも、花沢グループよりも利益額が大きい。

歴史[編集 | hide]

1948年に磯野波平が福岡より東京に移り住んだ際に地元福岡の磯野家私有地を保護する目的で磯野土地合資会社を設立したのに始まる。1952年、花沢グループの中核企業、花沢不動産と合同で花磯ビルを設立し、旭ヶ丘駅駅ビルの建設に関わる。これを契機として翌年に花沢グループと業務提携を開始し、有限会社に改組、駅ビルや玉電桜新町駅待合所に街頭テレビを設置するなど地域でのテレビの普及にも努めた。1956年には本社を磯野家内から駅前のビルに移転する。

1958年には西友に対抗して東急グループと合同でスーパーマーケット「トイズム」を設立。1959年、花沢グループに加えて三菱グループとの提携も開始。これを契機に1960年代からは急速な急成長を遂げる事となる。

1965年に資本金を5万円から、30万円に増資し株式会社に組織変更。1969年には更に150万円に増資した。

年表[編集 | hide]

  • 1948年5月1日 - 磯野波平が磯野土地を設立。
  • 1952年 - 花沢不動産と合同で有限会社花磯ビルを設立
  • 1953年 - 花沢グループと業務提携
  • 1956年3月21日 - 花磯ビル完成。同時に本社移転。
    • 4月1日 - 有限会社に改組
  • 1957年 - 磯野商事設立。
  • 1958年 - 東急グループと合同でスーパーマーケット「トイズム」を設立。
  • 1959年 - 三菱グループと提携。
  • 1960年 - 大学卒業後、磯野克雄氏が磯野商事に入社
  • 1961年 - 磯野土地(有)が磯野地所(有)に商号変更。
  • 1963年 - 磯野克雄氏が副社長に就任。
  • 1965年 - 資本金を30万円に増資し、株式会社に組織変更。
  • 1969年 - 資本金を150万円に増資し、東京店頭(現在のJASDAQ)に株式登録
  • 1971年 - トイズムの東急保有株式を買収し、完全子会社化。
  • 1973年 - 創業25周年を機に代表取締役社長に磯野克雄氏が就任。同時に波平氏が代表取締役会長に就任。
  • 1975年 - アソパソマソ氏が磯野商事に入社
  • 1977年 - 東証二部上場
  • 1982年 - アソパソマソ氏が磯野商事に入社していた由縁でアソパソマソレコードと提携。
  • 1985年 - 東証一部上場
  • 1993年 - インターネット関連事業に進出
  • 1999年 - グループ会社の朝日ヶ丘電鉄にて野田憲太郎の無賃乗車を容認していた事が発覚。
  • 2002年 - 持株会社制に移行。(旧)磯野地所が磯野ホールディングス、磯野地所子会社のイソノアパートメントシステムが(新)磯野地所にそれぞれ社名を変更し、株式を磯野ホールディングスに移転・集積。
  • 2007年 - テラメントと業務提携。
  • 2014年 - 創業者の磯野波平氏が死去、享年118歳。グループ全体が1年間喪に服す。
  • 2017年 - グループ全体の売上が222兆円を突破。
  • 2018年 - 創業70周年。磯野克雄氏が4月を目処に磯野地所・磯野商事の代表取締役社長から退任し会長に就任するとともに克雄氏の長男磯野佐場夫(サバオ)氏が両社の代表取締役社長及び磯野ホールディングスの代表取締役副社長兼CEOに就任予定。[1]

主要関連会社[編集 | hide]

不動産関連[編集 | hide]

  • 磯野地所株式会社
    • 磯野レジデンス株式会社
    • 磯野ホーム株式会社
    • 磯野コミュニティ株式会社
    • 磯野リバブル株式会社
      • 磯野リバブル北海道株式会社
      • 磯野リバブル東北株式会社
      • 磯野リバブル関東株式会社
      • 磯野リバブル東京株式会社
      • 磯野リバブル甲信越株式会社
      • 磯野リバブル北陸株式会社
      • 磯野リバブル東海株式会社
      • 磯野リバブル近畿株式会社
      • 磯野リバブル中四国株式会社
      • 磯野リバブル九州株式会社
      • 磯野リバブル沖縄株式会社
  • 磯野ビルマネジメント株式会社
  • 磯野プロパティマネジメント株式会社

重工業[編集 | hide]

  • 磯野重工業株式会社
    • 磯野飛行機株式会社
  • 磯野製作所株式会社
  • 磯野エレクトロニクス株式会社

IT[編集 | hide]

  • 磯野インターネット株式会社
  • 磯野サーバメンテナンス株式会社
  • 磯野デジタル株式会社
  • 磯野デジタルコンテンツ株式会社

小売業[編集 | hide]

  • 磯野マーケットホールディングス株式会社
    • 磯野マーケット北海道株式会社
    • 磯野マーケット東北株式会社
    • 磯野マーケット関東株式会社
    • 磯野マーケット東京株式会社
    • 磯野マーケット甲信越株式会社
    • 磯野マーケット北陸株式会社
    • 磯野マーケット東海株式会社
    • 磯野マーケット近畿株式会社
    • 磯野マーケット中四国株式会社
    • 磯野マーケット九州株式会社
    • 磯野マーケット沖縄株式会社
  • 磯野ストア株式会社
  • ISODrug株式会社
  • ISOMALL株式会社
  • 磯野百貨店株式会社
  • 磯野アウトレット株式会社
  • 磯野ハンドレット株式会社

交通[編集 | hide]

  • 朝日ヶ丘電鉄株式会社
    • 朝日ヶ丘北海道電鉄株式会社
    • 朝日ヶ丘沖縄電鉄株式会社
  • 朝日ヶ丘バス株式会社
  • 朝日ヶ丘タクシー株式会社
  • 朝日ヶ丘ロープウェイ株式会社
  • 朝日ヶ丘モノロール株式会社
  • 朝日ヶ丘地下鉄株式会社
  • 朝日ヶ丘レンタリース株式会社

金融業[編集 | hide]

  • 磯野銀行株式会社
    • 朝日ヶ丘銀行株式会社
    • 近畿銀行株式会社
    • 磯野リース株式会社
  • 磯野カード・クレジット株式会社
  • 磯野証券
    • 朝日ヶ丘証券
  • ISOファイナンス株式会社

コンピューター[編集 | hide]

  • 磯野コンピューター株式会社
  • 磯野通信工業株式会社
    • ISOエンタテインメント株式会社
      • ISOコンピューターグラフィックス株式会社
      • ISO-VR株式会社
      • ISOゲームス株式会社
      • ISOアミューズメント株式会社

エンターテイメント[編集 | hide]

  • 磯野映画株式会社
    • ISOシネマズ株式会社
  • 磯野プロダクション株式会社
  • 磯野アニメーション株式会社
  • アソパソマソムービー株式会社(※持分法適応関連会社)
  • アソパソ出版株式会社(※持分法適応関連会社)
  • アソパソマソレコード株式会社(※持分法適応関連会社)

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

脚注[編集 | hide]

  1. 克雄氏は80歳を迎える本年で経営からは一線を立ち退いた上で、今後5年ほどは磯野ホールディングスの経営責務のみ負って余生を過ごしたいとのこと。氏が米寿を迎える2026年までには磯野HD社長からも退任する意向である模様。

関連項目[編集 | hide]