神戸市営地下鉄西神・山手線

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西神・山手線(せいしん・やまてせん)とは、神戸市交通局が所有・運営する地下鉄路線である。

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「神戸市営地下鉄西神・山手線」の項目を執筆しています。

概要[編集 | hide | hide all]

「西神・山手線」と案内されるが、実際には3線の総称である。その内訳はまあるくない緑の山手線[1]・西神線・西神延伸線である。めんどくさい法律のせいで、「延伸」とついておきながら別路線である紛らわしい路線が成立してしまった。2020年から北神線も地下鉄になっちゃったから尚更紛らわしい[2]

山手線区間は、JR神戸線阪神神戸高速線という平行路線がありながら神戸市の「海から数キロで山」という立地を横に進むというそれらとほぼ同じルートで開通し、しかも高くて不便[3]なものだから(山手線区間単独では)勝ちようがない。ちょっと離れたところをとんでもない赤字路線も通っているが、結局神戸市交通局の所有物であるため勝っても意味がない。というかもはやただの税金の無駄遣いである。そんなわけで、西神・山手線を優先的に使うのは新幹線とニュータウン利用者くらいのものである。しかし、それでも黒字である。

西神線区間は、西神ニュータウンを通らない。通るのは須磨ニュータウンである。駅数も少なく、ちょっと地上に出るくらいで取り立てて特徴のない区間である。

西神延伸線区間は西神ニュータウンを通るものの、めんどくさい法律のせいで地下鉄じゃない。西神線の延長にできなかったのもそのせいである。地下鉄ではないのでほとんど地下を走らず、新神戸駅では下をくぐった山陽新幹線を今度は高架で跨ぐ

ちなみに一時期快速があったが、停車駅が少ないのに遅いというどうしようもなさ故、阪神・淡路大震災が発生したのをいいことに無かったことにされた。阪急神戸本線と乗り入れる構想に際して復活させるとかなんとか言っていたが結局「利益が出ないので乗り入れ自体当面やりません」という結論に終わってしまった。

車両[編集 | hide]

1000形[編集 | hide]

1000形。ボロい。

ボロい。色は神戸市電由来らしいが、19m3扉であの配色をやられたもんなら京阪にしか見えない。

それでも何だかんだローレル賞を受賞したり、1977年当時としては珍しく冷房を完備していたりと登場時は割とすごい車両だったそうな。

2000形[編集 | hide]

2000形。ボロい。

バブル臭のするタイプのボロさ。やっぱり京阪くさい。

装備はほぼ1000形と変わらないので書くことがない。

3000形[編集 | hide]

3000形。新しく感じてしまうのは気のせいである。

ふつう。というか、上の二つがボロすぎてボロさがインフレを起こしているせいで新しく見えているだけなのだが。それなのに上2つより先に全廃されるらしい。

計画段階ではなぜか2階建て車両を組み込む案もあったらしい。海岸線といい、いかに神戸市が軌道交通への金のかけ方がおかしいかがよくわかる。

6000形[編集 | hide]

6000形。いやー、新車だからきれいだね。

最新鋭。顔がしょぼい。最終的には全部これになるらしい。

脚注[編集 | hide]

  1. まあるい緑の方も少し前まで「やまてせん」だったから余計紛らわしい。
  2. こっちは別に案内されている。どうせ一体的に運用されているんだから「西神・山手・北神線」とでも名乗っとけばいいのに。
  3. 大阪市に行けないのは地下鉄だけ。