福島便槽内怪死事件

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福島便槽内怪死事件(ふくしまべんそうないかいしじけん)とは、平成元年(1989年)2月28日に福島県田村郡都路村で発生した未解決[要出典]事件である。

概要[編集 | hide | hide all]

Jawpno.png
この項目「福島便槽内怪死事件」は、ウィキペディアには存在しませんので、どうぞ福島便槽内怪死事件を執筆してあげてください。
「フッと下を見たら、半裸の男が便器の下から覗いてたんです!破廉恥!!」
当時の様子 について、Aさん
中の様子。相当狭いことが分かる

都路村に住むある小学校教員の女性(以下、Aさんとする)は、その小学校の隣の家に一人で住んでいた。いつものように帰宅した後、少々催したのでトイレに入った。当時のAさんは貧乏だった上、住んでいる都市も田舎だったため家のトイレはボットン便所だった。ふとどこからか視線を感じるが、当然誰もいない。不安になって下を見てみると、なんと男がガン見しているではないか。驚いたAさんはパンツも穿かずにトイレを飛び出し、交番へ駆け込んだ。消防隊が総出で駆け込み、Aさん宅のトイレを破壊したことでようやく男は発見されたが、既に男は死んでいたという。

男の詳細[編集 | hide]

男の名前は菅野直之(すがの・なおゆき)、26歳。職業は福島第二原発の職員であった。人柄もよく、Aさんとはよく話し相手になっていたという。Aさんは男が便槽内にいたことに驚きを隠せなかった。警察は、男がノゾキを試みた結果Aさんの糞尿により窒息して死亡したと断定した。また、当時Aさんはいたずら電話にも悩まされており、男がストーカーの犯人だということで事件は無事解決した。

不審点[編集 | hide]

しかし、いくつか不審点もあった。おおよそ列挙すると

  • 田舎であったため、こんな趣味があると分かればすぐに信頼や地位は崩れる。
  • 遺体は上半身裸であり、セーターを抱えるような状態だった。
  • 靴が片方しかなく、しかも頭の近くにあった。また、もう片方の靴は別所で発見された。
  • まず便槽に一人で入ることが不可能である。
  • 遺体を洗い流してしまったため、指紋などの証拠も消えてしまった。

このことから、警察が介入するレベルの事件なのではないかと疑う声もあるが、真相は不明である。


(_)
(__)

(_)
(__)
この記事はクソです。

臭い立つようなこの記事を、作者は喜々として、むしろ誇らしく思いながら執筆しています。