秘伝のタレ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秘伝のタレ(ひでんのタレ)は、消費者に対して成分表示を行わない違法な調味料である。日本では、2015年食品表示法が可決され、食品の保存状態・成分などに関する表示をすることが義務付けられたが、未だに成分表示がない状態が続いている。

概要[編集 | hide | hide all]

多くの商店街老舗店舗で製造され、使用されている。多くの場合、昔から継ぎ足されて作られているため、タレが腐っていないか心配を抱いている消費者が多いが、おそらく防腐剤を投入しているため、問題ないものである。

成分[編集 | hide]

不明。店舗によって異なると思われる。しかし、その成分や製造方法をどの店舗も公表していないため正体は一切不明。

海外の反応[編集 | hide]

秘伝のタレは日本特有の文化であり、海外の人は日本の秘伝のタレは何十年もの間も継ぎ足していることに対して、安全性が気になり、食欲が失せるという。しかし、実食すれば、「日本のうなぎのタレは美味しいね!」との反応。ダレ[1]もが美味しいと反応したそうだ。

脚注[編集 | hide]

 

この項目『秘伝のタレ』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ