稲沢市

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「稲沢市」の項目を執筆しています。
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「稲沢市」の項目を執筆しています。

稲沢市(いなざわし)は、愛知県の北西部、濃尾平野中央部にある市。市が掲げるキャッチコピーは「自然の恵みと心の豊かさ 人が輝く文化創造都市!?」。また、旧祖父江町は全国一の???の産地である。かつては旧酷鉄の操車場があることでも知られた。 名古屋市へのアクセスが良いため、近年ベッドタウンとしての発展がめざましく、交通の便のよさからソニーなどの工場が数多く立地する。

地理[編集 | hide | hide all]

隣接する自治体

人口

  • 2015年現在の人口は
    人である。

歴史[編集 | hide]

  • 1875年(明治8年) - 町制施行により中島郡稲沢町が成立。
  • 1958年(昭和33年)11月1日 - 市制を施行し、稲沢市となる。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 中島郡平和町・祖父江町を抽選により併合。

行政[編集 | hide]

  • 4年に1度、市長を抽選で選んでいる。

議会[編集 | hide]

  • 中国で覚せい剤を所持していて逮捕された市議会議員がいる!?

関連項目[編集 | hide]