空気解読障害

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
空気解読性障害から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Medical
ご自身の健康問題に関しては、神に訊くか、医者に行って確かめるか、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。
また、免責事項もあわせてお読み下さい。

空気解読障害(くうきかいどくしょうがい)とは、空気が読めない特異な症状を出す、人間に発症する障害である。

概要[編集 | hide | hide all]

え?!理解できない?!

はあー、

空気解読障害ていうのは、その場の様子や社会的雰囲気を読み取れない、可哀相な病気だってこと。

は、まだわからない?!

空気読めよKY

「空気」を読む危険性[編集 | hide]

「アーヴィング・ジャニスは、ピッグス湾事件、ベトナム戦争のトンキン湾事件による拡大政策、ウォーターゲート事件などの事例から、アメリカ合衆国大統領とその側近がいかに優秀であっても、集団になると馬鹿げた意思決定をしてしまう現象(集団浅慮)を分析している。

固定的な組織が似通った構成員により作られ、公平なリーダーシップがない状況で、外部から強い圧力を受ける場合、全会一致の幻想を抱き、他人の勧告や他の情報を意図的に無視し、集団のコンセンサスを逸脱する議論に圧力をかける「全会一致への圧力」が生じるとする。

この結果、閉鎖的な仲の良い集団が、和を尊重しすぎるあまり、重大な意思決定に際して、不合理なリスキーシフトを起こす。リスキーシフトとは集団で討議したのち、意思決定がより危険性の高いものにシフトする心理法則・心理現象を指す。」
空気を読む危険性 について、ウィキペディア

準備の都合上、ウィキペディアからの引用に留めておく。もちろん、『何故引用だけにするのか』、なんて馬鹿な質問するなよ。

空気読めよ!

関連項目[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「場の空気」の項目を執筆しています。

ちょっとした事情があるから、関連項目は出さないでおく。うっかり関連項目を書くなんて空気読まないことはすんなよ!