管理職立候補的記事投稿

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

管理職立候補的記事投稿(かんりしょくりっこうほてききじとうこう)とは、MediaWikiサイトにおいて、管理者やビューロクラットといった管理職に立候補する際の条件に「-以上の記事を作成していること」が存在している場合に見られる記事の投稿形態である。

概要[編集 | hide | hide all]

管理職をさせるというのは、言うまでもなく相手が信頼できる人物か見極めなければならない。そこで、ある程度の立候補するにあたっての条件を設けることとなる。その中には記事作成を立候補条件に組み込むサイトも存在する。そのようなサイトで見られるのが管理職立候補的記事投稿である。

管理職立候補的記事投稿が見られるサイト[編集 | hide]

ウソペディア
このページ参照。管理者立候補に際しては記事作成の条件は存在しない。しかし、ビューロクラット立候補に際しては3ヶ月間に30件記事以上作成が条件となっている[1]ため、BCを目指すユーザーは気が狂ったかのような勢いで管理職立候補的記事投稿を繰り返すのである。しかし、あまりにも厳しすぎるため、複数人の管理者が方針のリニューアル案を考案している状態である。
日本語版アンサイクロペディア
jaucp:Uncyclopedia:SYSOP任命・教育システム (のびた君)参照。累積投稿回数500、累積新規執筆記事50、直近1ヶ月の投稿回数50、直近2ヶ月の新規執筆記事10が管理者立候補の条件となっている。しかし、その条件を満たして立候補し、信任されたとしてもなれるのはのびた君であり、それからしばらく経たないと管理者にはなれない。管理者立候補的記事投稿によって管理者に登りつめた人物は今までに57人[2]であるが、そのうち47人がすでに管理者を辞めた、もしくは解任されており、その点からもアンサイクロペディアの恐ろしさがうかがい知れる。
Tanukipedia
Tanukipedia:管理者参照。ウソペディア同様管理者立候補時には記事作成の条件は存在しないが、ビューロクラット立候補時に1年間に50記事以上作成が条件となっている。ウソペディアよりは間違いなく緩いが、架空の事柄を考えるのは簡単なようで非常に大変である。適当に作ってものび太国が出来上がるだけだからね。

脚注[編集 | hide]

  1. 平均すると3日に1回記事を書かなければならない計算である。エンペディアなどでは容易なことであるが、ウソペディアはある程度ユーモアを意識して記事を書かなければならないため、非常に困難である。
  2. 実際に条件を満たして管理者になったか不明な人物あり。