群馬県

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

群馬県(ぐんまけん、グンマー県、グンマー)とは、関東北部にある未開の地である。近年は、前橋などが開拓され、日本の臨時首都になるなどしている。

概要[編集 | hide | hide all]

関東平野の北端にあたり、周りを小さな山が取り囲んでいる盆地型平野である。高崎や前橋などは割りと栄えているが、それ以外はグンマー族が住む未開の地である。

主な都市[編集 | hide]

前橋

県庁が存在し、政治の中心になっている場所。高崎との境界付近にはグンマー族のスラム街がある。なお、発展ぶりと人口は高崎に抜かされているため、高崎市が県庁所在地だと思う人は少なくない。

高崎

経済の中心であり、高速道路・鉄道の集まる交通の要所である。群馬開拓以前から発展している群馬一の都市である。

桐生

英語だと「Kill you.」に聞こえる危ない場所。

関連項目[編集 | hide]

 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは104日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。