自筆記事嫌悪症

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Medical
ご自身の健康問題に関しては、神に訊くか、医者に行って確かめるか、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。
また、免責事項もあわせてお読み下さい。

自筆記事嫌悪症(じひつきじけんおしょう)とは、「自らが書いた記事が他人が書いた記事に比べて劣っている」と思い込んでしまうことである。

概要[編集 | hide | hide all]

ウソペディアアンサイクロペディアのようなユーモアサイトでは記事の面白さが重要視され、特に後者では記事の質にこだわる傾向がある[1]。そのため、記事が消される恐怖からアンサイクロペディアには寄り付かず、だからといってウソペディアに逃げても「あの人の記事すごく面白い・・・、なのに私ときたら、なんでこんな記事しか書けないの・・・?」という自己嫌悪に陥る訳である。つまり自分に自信がないのだ。

なお、自己言及的なページだけは何故か自信があるケースも存在する。

発症しやすい執筆者[編集 | hide]

以下のような条件を満たす執筆者は、発症しやすいと言われている。

  • 自らをユーモア欠落症と思い込んでいる者
  • そもそも卑屈な性格の者
  • アンサイクロペディアに記事を書いてNRVを食らった者
  • 執筆に憧れる管理者

対策[編集 | hide]

様々な方法で執筆者に自信を持たせてあげることが重要である。例として、

ことが挙げられる。割と上質な記事を書く者には後者、それ以外は前者の方法が主に使われる。

脚注[編集 | hide]

  1. NRVの存在が全てを物語っている。

関連項目[編集 | hide]