Mass Zoe

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
舛添から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
お知らせ:本記事はサブライセンス「CC BY-NC-SA 4.0 」が適用されます。

デフォルトの「CC-BY-NC」(標準ライセンス)ではありませんのでご注意ください。

なお、画像や音声等のファイル、外部読み込みコンテンツなどの「読み込み物」は、このタグからは対象外です。

この記事はブラックユーモアあるヨ!
鵜呑みにするなんて許さないハセヨ!

Mass Zoe(読み:マス・ゾーイ/音写:舛添、その他Maszoe、Masuzoe、ますぞえやマスゾエ、ハゲゾエとも表現される)とは、精神的・衝動的・欲求的な「究極な人間性の化身」であり、本来は精霊を示す。これはZoeという女性名称が語源であったが、時代の変化の過程でMassという語が補足された精霊へと変化していった。そしてそれが日本へと入る際に「舛添:ますぞえ」として音写され、日本人として帰化した朝鮮系移民に多く苗字として用いられた経緯を持つ。

概要[編集 | hide | hide all]

Zoe(ゾーイ/ズーイ/ゾー/ゾエ)は、もともと女性名エヴァ(Eva)から派生した女性名称である。エヴァ同様に「生命/生存するもの」という意味であり、Zoo(ズー)の意味である「動物」などと語源が一緒である。また、Mass(マス)は巨大な、究極的な、という意味である。この両者が合わさった「Mass Zoeという精霊」は、本来は「人間の身体的特徴を有しながら、そういった動物の持つ本能的な生命力を宿した化身」という意味であった。

このMass Zoeは、日本へは帰化朝鮮人系の苗字として使われた。大日本帝国時代に日本へ帰化する朝鮮人(北朝鮮/韓国含む)が多く、朝鮮半島から近い福岡において「舛添」として音写され、苗字の一となったのである。事実、舛添姓の日本人は400名に満たないが、その多くが福岡県に分布している [1]

Mass Zoeの本来の性質・性格[編集 | hide]

精霊として語り継がれている、本来のMass Zoeは見目麗しい女性であった。しかし、衝動的で我を忘れると虎や豹のような獰猛さを持ち、カラスのようにきらびやかなものを好む習性を持ち、蛇のような執着性を持ち、見た目と内面のギャップが禿しいとされている。特に、食べ物を独り占めしたり、第三者の持つ金品に手をつけるといったケチ性が色濃いことが特徴的な精霊である。

本来は野性味を持ったイキイキとした女性像を意味するZoeであったが、これが行き過ぎることで精神的・衝動的・欲求的な「究極な人間性の化身」となってしまった。そのため、反面教師的な教えとして語り継がれていったのである。

舛添の本来の性質・性格[編集 | hide]

Mass Zoeが音写された姓が舛添である。そのため、前述の通りケチ性が色濃くにじみ出ることがおおく、例えば公金横領が噂されているかの有名な政治家の例などがあり物議を醸している。この事件が話題になるに連れ、Mass Zoeや舛添の由来などに多く焦点を当てられている。


参考資料等

1. 舛添の苗字の由来を検索すると、舛添姓が福岡県に多く、帰化系朝鮮人の苗字であることが伺え知れる。
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「舛添要一」の項目を執筆しています。
ニュース
一般記事
この記事は先編集権の放棄が謳われています。
この記事は誰でも自由に拡張・改変できますが、先編集権を理由に差し戻しされることはありません。
でも、ユーモア建前の区別を付けられるぐらいの知性は必要だよ?