出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秀逸な記事
この記事は秀逸な記事だと、他でもない、先編集権を有する初版投稿者、ただ一人によってガチで強く主張されています。それでもなお、より素晴らしい記事にできるなら、先編集権を行使されないような加筆を、是非してみてください。お願いしましたよ。

いろ:color, colour)とは、人間可視光線入射した時、情報処理によって生成される知覚の一種である。

概要[編集 | hide | hide all]

色とは、目に入射した可視光線の波長に依存して変化する知覚であり、客観的には連続である光波長スペクトルを便宜的に分節したものであると言われている。

色の認識の違い[編集 | hide]

現代的なコンピュータは、256×256×256=16777216色の違いを認識する。これに対し、人間の色識別水準は遥に大雑把で、代表的なのが虹の色の数の問題であるが、日本などではこれは7色とされるのに対し、国によっては3色だと主張される。

色に関しては、例えば雪国に住むイヌイット族はを何百種類にも分類することが知られている。一方、古代日本のように、の4色しか元来認識していなかった地域もある。

また、色の主観的認識は、しばしば客観的な波長とは異なることが知られている。例えば、赤リンゴを暗い所に置けば暗赤色~灰色になるにもかかわらず、人間はこれを赤だと認識し、人間の静脈血管が皮膚に浮かび上がってくるときの色は実際には灰色に近いにもかかわらず、青緑色に近く見えることが知られている。下の色見本を見ても、実はグレーが混ざっていることなどには、あまり気付かず、黒と白を除けば、全てが有彩色[1]に見えるだろう。

このことからも分かるように、色がどう見えるか、あるいはどの光が何色に分類されるかは、全くいい加減なのである。

色見本[編集 | hide]

流石に16777216色を表現するのは人間技には酷であり、そんなことをしたらあっという間に20000バイトの向こう側に到達してしまうであろう[2]。人間が勝手に決めた円周率ですら、そんな桁数は書かれていないはずだ。

そこで、代表的な4096色を見本として提示する。

















































































































































































































































色リンク見本[編集 | hide]

「殆どのリンク先は[3]だが、一部違う所がある。気ままに探してくれたまえ。」
色リンク見本 について、初版投稿者
















































































































































































































































脚注[編集 | hide]

  1. 彩度(鮮やかさ)を持つ色。黒、白、グレー以外の全ての色は、有彩色である。
  2. 驚いたことに、4096色に留めてもウソペディア内最長のページになってしまった。しかも、色リンク見本を追加した結果、2位の5倍近く。だと思いたい。
  3. 無論、あああああああああ!のリメイクを自負しているからである。

関連項目[編集 | hide]

  • {{}}…色見本ではお世話になった。
  • {{色リンク}}…しかしリンクの「黒」と「白」、及び色リンク見本はこっちがなければ表現できなかった。
  • アンディー・ウォーホル…上の色見本の規則的な配置は、彼のポップアート作品を彷彿とさせる。