虚無主義

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秀逸な記事
この記事は秀逸な記事だと、他でもない、先編集権を有する初版投稿者、ただ一人によってガチで強く主張されています。それでもなお、より素晴らしい記事にできるなら、先編集権を行使されないような加筆を、是非してみてください。お願いしましたよ。

虚無主義(きょむしゅぎ、:Nihilism)とは、人生に一切目的などないと考える思想のことである。

概要[編集 | hide | hide all]

虚無主義は、19世紀末頃、産業革命がある程度行き着く所まで行き着き、近代の限界が初めて露呈した時に生まれた。

実存主義思想と虚無主義[編集 | hide]

初期の実存主義哲学に分類されることもあるニーチェは、「これが人生か、よしもう一度」と述べ、積極的に人生の無目的性を引き受ける姿勢を示した。これに対し、キルケゴールに始まる有神論的実存主義は、最終的な避難所としてのを認め、虚無主義を回避しようとする。

フランスの文学者アルベール・カミュは、シーシュポスのように、無目的性を拒絶しつつも、無目的性の中に生きる、反抗的人間を理想とした。

近代と虚無主義[編集 | hide]

独自
研究
この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここウソペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠であり、我が道を突き進まなければ登れない山もあるでしょう。 Walkingmonkey.jpg

近代においては、経済成長に代表されるように、人間は無限に成長できるという幻想があった。しかしながら、経済恐慌が起こり、環境汚染や労働者の貧困などが発生し、熱力学では永久機関の不可能性が示され、ニュートン力学の勝利はマクスウェル方程式が暴いた光速度不変性と、光量子仮説などに始まる初期量子論によってその限界を示され、近代をリードした科学・技術を純粋に信頼することができない状況が生まれた。これらのことが、19世紀末、「世紀末」という一つの時代の終わりを示唆するくらい風潮の中で、虚無主義の誕生を許したのである。