蛍光ペン

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蛍光ペン

蛍光ペン(けいこう-)とは、文章をわかりやすくするように、見せかけて第三者を誤解たらしめるためのツールである。

概要[編集 | hide | hide all]

蛍光ペンは、蛍光性のある塗料を紙に付着させ、その付着させた文章局部を強調することで、周りの非強調の箇所と差をつけることで文意を曲解させることができる魔法道具である。

使用例[編集 | hide]

以下の文章を読んで欲しい。

私は 変態紳士なので、老若男女に分け隔てなく 愛を持って接することができる。 これはひとえに私が 百合好きであり、薔薇好きであり、言うなれば花好きだからである。

この文章は正直言って気持ち悪いが、これを蛍光ペンを使って第三者を誤解たらしめれば、以下のように気持ち悪い印章は薄まる。

私は変態紳士なので、老若男女に分け隔てなく愛を持って接することができる。これはひとえに私が百合好きであり、薔薇好きであり、言うなれば花好きだからである。

それでも気持ち悪い文章である理由は初版投稿者がお察し下さい

関連事項[編集 | hide]

この記事は先編集権の放棄が謳われています。
この記事は誰でも自由に拡張・改変できますが、先編集権を理由に差し戻しされることはありません。
でも、ユーモア建前の区別を付けられるぐらいの知性は必要だよ?