出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(あか)とは、の色、情熱の色、そしてウソペディアのテーマカラーである。

赤とはどんな[編集 | hide | hide all]

  • 彩度の最も高い色。補色は
  • 3価のに特徴的な色。血の赤もヘム鉄由来。
  • 真っ赤なウソ。よってウソペディアの色。
  • 日本人によると太陽の色。日の丸の赤。
  • 赤リンクの赤。
  • 怒りを引き起こす色。
  • 暖色。だが色温度は低い。
  • 3原色の一つ。
  • 共産主義のシンボル。中古人民共和国の国旗はやたら赤が目立つ。

赤とはどんな色ではないか[編集 | hide]

  • 赤面した顔の色。正確にはピンクである。
  • 赤飯の色。これも、赤というよりはピンク。
  • バラの色。赤いものもあるが、全てが赤い訳ではない。
  • 静脈血の色。赤というよりは暗赤色。
  • 赤錆の色。赤というよりは褐色から赤褐色。
  • ベニバナの色。染料としての紅は赤いが、ベニバナ自体はオレンジである。

赤と対比される色[編集 | hide]

  • - 紅白歌合戦、運動会などで。由来は源平合戦で、源氏が白旗、兵士が赤旗を掲げていたこと。
  • - 小説『赤と黒』。
  • - 人体解剖図などの模式図では、大抵動脈が赤、静脈が青である。
  • - 信号、リンゴ。補色でもある。日本では赤との対比が問題になる緑は、しばしば青とも言われる。

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ

この項目「赤」は、初版投稿者である曖昧ミーマインによって先編集権がガチでつよく主張されています。なので初版投稿者のお許しもなく「無許可でのリバートや記事の置き換え」等を行ったり、テンプレートを剥がした場合は荒らしとみなされ、独裁者達にブロックされるかもしれませんので、ご注意ください。どうしても自分勝手に記事を投下したい場合は赤 (2)のようにフォークを立てて、あとは適当に頑張って下さい。