赤血球

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤血球(せっけっきゅう)とは血液に存在する赤い白玉団子

概要[編集 | hide | hide all]

赤血球の活動範囲は主に脊椎動物の血管である。だがごく一部無脊椎動物においても活動しているらしい、この白玉団子の主成分は僅かなDHMOと核が有ったり無かったりする神経細胞であり、世界で一番グロい、血液の主成分を成している。

製造とスクラップまでの過程[編集 | hide]

主に骨のどっかで製造され、どこかで骨のどっかと肝臓憂臓にて分解される。その死骸は基本的には尿として排出される。

役割[編集 | hide]

赤血球は、その名から察せられるとおり、血をくする役割を担う。しかし、元々赤血球はそれほど赤くはないため、から酸素を取り入れて、この酸素と赤血球内のヘム鉄とを結合させることによって、赤い状態を作り出している。しかしながら、酸素の殆どはその他の細胞に強奪されてしまうため、体表に現れる静脈まで流れると、大半の赤血球は、赤みの衰えた暗い色に変色してしまう。

生命体にとって、血が赤くないことはすなわちその生命に生の情熱がないことを意味し、やがてに至ることをも示唆するので、血は何としても赤くなければならず、赤血球は再び肺へと戻され、再び赤く染色されることとなるのである。余談だが、一酸化炭素などは、この染色を阻害する作用によって有毒ガスになっているのである。

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『赤血球』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ