轟城

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

轟城(とどろきじょう)とは、鹿児島県伊佐市大口にある城址である。大口城へ移る以前、剛田氏はここを居城としていた。

概要[編集 | hide | hide all]

かつての剛田氏の居城で現在も剛田商店の蔵が残る城址である。なお、こちらも現在剛田資産管理の敷地である。

歴史[編集 | hide]

大口城を築いた平元衡が設置した轟関に起源を持つ。当初は関所の番小屋が築かれたのみだったが、のちにこの番小屋を拡張して牛屎氏分家の屋敷が轟関の近くに設置され、これが轟関御殿と呼ばれていたことが城名の直接の由来になった。

関連項目[編集 | hide]