小泉進次郎構文

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
進次郎構文から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンサイクロペディア無し.png
ナニモノかが、アンサイクロペディアに「小泉進次郎構文」の項目を執筆しましたが、NRV厨・八百科事典厨・削除厨の暗躍により削除されてしまいました。

小泉進次郎構文(こいずみしんじろうこうぶん)は、主張したい内容の根拠として、主張内容と同一の内容を使用した構文のことである。だからこそ、根拠と主張が同一である循環論法のことを、小泉進次郎構文と呼ぶ。省略形、すなわちこの言葉を短縮した表現として進次郎構文(しんじろうこうぶん)という呼び方もある。

概要[編集 | hide | hide all]

政治家の小泉進次郎が多用する、すなわち何度も使っていた表現技法なので、この呼び方がある。特に有名なのは2019年9月24日の会見で飛び出た「今のままではいけない、だからこそ今のままではいけない」というものである[1]

同じ意味の内容を2回繰り返す記者会見の印象が強かったからか、単純に同じことを2回言うこと、同様の内容を繰り返して主張することを小泉進次郎構文と呼ぶ風潮が強いからこそ、同様に内容をを繰り返すことが小泉進次郎構文であると思われているが、実際の所は、主張したい内容の根拠を説明するために、主張内容と同じ内容をその根拠として用いることこそが、小泉進次郎構文である。すなわち、説明したい内容を前提として用いる論法のことを小泉進次郎構文という。

関連項目[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「小泉進次郎」の項目を執筆しています。
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「循環論法」の項目を執筆しています。
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「トートロジー」の項目を執筆しています。
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「冗語法」の項目を執筆しています。
 

この項目『小泉進次郎構文』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ