過労死

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

過労死(かろうし、:Karoshi)とは、中毒的な水準で一定の作業を続けた人間が、自らの疲労にも気付かない状態に陥ってなお活動し続け、結果として何らかの疾患を発症して死に至ることである。

概要[編集 | hide | hide all]

何故か知らないけど特定の作業にハマり過ぎて、生体ボット化して、単純な作業を続けている。何故だろう。1日8時間労働じゃ足りない。16時間は働かないといけないと思う。

考えがまとまらない。頭が痛い。手は当然腱鞘炎を発症している。のどが渇いたが席を離れてコンビニに行く気力も湧かない。

作業は楽しい。しかし、どうしてこの作業を続けているのだろう。

ネタ切れだ。毎日が憂鬱だが、体が勝手に動いている。

酒で気晴らしする時間すら取れない。この作業の魅力は魔力的で、家に帰るのさえつい忘れてしまう。

……

「○○時××分、ご臨終です」
過労死 について、救急搬送された病院の医者

真実[編集 | hide]

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

関連項目[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「過労死」の項目を執筆しています。