酒井忠次

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井 忠次(さかい ただつぐ)とは、戦国時代から安土桃山時代にかけての三河影の薄いお爺さん武将徳川氏影の薄い家臣。

徳川四天王徳川十六神将ともに筆頭ならなんであんなに影が薄いんだとされ、家康第一の功臣として称えられているけれどもやっぱり影は薄い

影の薄い生涯[編集 | hide | hide all]

影の薄い忠次は、大永7年(1527年)に徳川氏の前身松平氏譜代家臣・酒井忠親の影の薄い次男として三河額田郡井田城岡崎市井田町城山公園)にひっそーり生まれる。妊娠しても産んでもなかなか気付かれない位影が薄かったそうな。生まれながらにして影の薄いお爺さんだったらしい (ぇ

元服後、徳川家康の父・松平広忠に仕え、酒井小五郎、後に左衛門尉と称していたらしいが一体誰が覚えてるんだか

竹千代家康が今川義元への人質として駿府に赴く時、その家臣の中では最高齢で23歳だったが影の薄いお爺さんだったとして同行した。この後、松平元康(徳川家康)の配下として仕え、弘治年間の初期頃より福谷城に住んでいる。でも影は薄い

弘治2年(1556年)、柴田勝家に2000騎で福谷城を攻められた影の薄い酒井は城外に出て戦い、激しく影の薄い激しい攻防の末、勝家を敗走させた。

勝家『いやー何しろ影が薄くてねぇ。酒井の存在に気付いた時にはもう負けてた。』

人物・逸話[編集 | hide]

  • 三方ヶ原の戦いでは、城に戻った忠次は影の薄さを払拭すべく、かどうかは定かでないが、浜松城の太鼓を影が薄い癖に難易度最高でノーミスフルコンボで打ち鳴らし、味方を鼓舞したが、あまりの上手さに大倉忠義と勘違いされたので、影の薄さは払拭できなかった。これが通称「太鼓の達人酒井の太鼓」と呼ばれる。
  • 三方ヶ原の戦いで家康が脱糞してしまった姿を見た忠次は大笑いしたという。但しこれは家康の『三方ヶ原で怖がって ウンコを漏らしても ずっとそばで笑っていてほしい 』と事前の約束があったから。

脚注[編集 | hide]

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『酒井忠次』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ