量子力学

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

量子力学(りょうしりきがく、量子論、:quantum mechanics, quantum theory)とは、常識とはかけ離れたナノスケールの粒子などの挙動を記述する物理学理論である。早速その世界を垣間見ることとしよう。

特徴6[編集 | hide | hide all]

量子生物学の明かすところによると、生命が用いる酵素の一部は、トンネル効果を応用して、通常の触媒よりもさらに反応速度を加速していると言われている。また、鳥類の一部は、量子もつれ状態にある粒子を体内に抱え、その粒子のスピン地磁気に影響されることを活かして、方角探知に役立てているともいう。

シュレディンガーの猫[編集 | hide | hide all]

なんてこっただ。箱を開けてしまったせいで、んでしまった!もう一度やり直す?

あらら。残念。