量子力学

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
量子論から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

量子力学(りょうしりきがく、量子論、:quantum mechanics, quantum theory)とは、常識とはかけ離れたナノスケールの粒子などの挙動を記述する物理学理論である。早速その世界を垣間見ることとしよう。

特徴9[編集 | hide | hide all]

電子とその反粒子(陽電子)の対生成の様子。これがブラックホール境界面付近で都合よく起こる確率がある限り、ブラックホールは徐々に蒸発することとなる。

ブラックホールは、十分な時間をかけると蒸発する(ホーキング放射)。これは、量子論のトンネル効果真空揺らぎに基づき、

  1. 事象の地平面のわずかに外側に生成され、ブラックホールから脱出できる素粒子
  2. 逆に、事象の地平面の内側に生成される、その素粒子の反粒子

対生成され、反粒子がブラックホール内の素粒子と打ち消し合うこととなり、質量が減少するためである。但し、この現象の起きるスピードは、それなりの大きさを持つブラックホールでは極めて遅く、多くの場合は無視できる。

シュレディンガーの猫[編集 | hide | hide all]

なんてこっただ。箱を開けてしまったせいで、んでしまった!もう一度やり直す?

あらら。残念。