鉄道

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鉄道(てつどう、:Railway, Railroad)とは、世界各地に敷設されている大量社畜砂利運搬機構の総称である。なお、鉄道のうち少量しか輸送不可なものは軌道と呼ばれ差別されている。

また鉄道が保有するその性質上、痴漢など数多くのエクストリームスポーツの舞台になっている。

概要[編集 | hide | hide all]

本来は砂利の上にレールと呼ばれる二本の鉄の延べ棒だけが敷かれた道の事を言ったが、近代以降はそれの上に車体を乗せ運搬機構として利用されるようになった。

世界中に幾多もの事業者があり、日本国内でも相当数の鉄道会社が存在するが、その中でも特に元国鉄のJRは世界的にも新幹線と社畜運送で有名である。

歴史[編集 | hide]

18世紀初頭にイギリスで開発され、1872年に日本国内に輸入される。

日本国内では1987年に国鉄が崩壊し、JRが誕生し、現在に至る。

日本国内における鉄道[編集 | hide]

日本国内では大きく分けて元国鉄を継承したJRとそれ以外の鉄道事業者(私鉄)に分類される。しかし、私鉄は一概的に言っても多種多様なものが存在し、ごっちゃになる事から更に、公営鉄道(公鉄)・第三セクター鉄道(3セク)・民営鉄道(民鉄)に別れる。

JR[編集 | hide]

1987年の国鉄崩壊後に事業を継承した会社。旅客6社と貨物1社が存在する。元々国鉄だった為、全国に路線網がある。その特性上、都市圏においては莫大な利益を生み出すドル箱を多く持っているのに対し、赤字ローカル線も多数所持している為、近年はローカル線の存廃が問題になっている。

私鉄[編集 | hide]

公営鉄道[編集 | hide]

「私設」を騙ったお役所。飽くまで私鉄とされるが完全なる役所なので、JR同様に社員の勤務態度が悪い。 なので、民営化されることがある。

第三セクター鉄道[編集 | hide]

赤字で存廃が論議してる路線を意地でも存続させるべく、官民折半の地元資本によって赤字覚悟で営業を行う為に設立された会社。最近は新線建設に利用されることも多い。愛知環状鉄道など一部成功している会社もあるが、基本的に運賃が高い。運賃が恐ろしく高いのにも関わらず赤字な路線も多い。

民営鉄道[編集 | hide]

完全なる民間企業として運営されている鉄道。幾多もの事業者があるが、その中でも特にスケールが大きいものは大手私鉄と呼ばれる。