鏡文字

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鏡文字(かがみもじ)とは、左右反転させた文字のことである。

概要

鏡文字とは、間違って左右を反転させてしまった文字である。文字を習いたての子供や、天才などがしばしば用いることが知られている。有名な鏡文字の書き手には、レオナルド・ダ・ヴィンチがいることが知られている。

書き方

比較的簡便な書き方として、額に紙を当てて、その上に「普通に」文字を書く方法が挙げられる。この方法を用いると、紙を透かした時に正しい向きになるように文字を書くことになるので、実際には左右反転した、鏡文字が書かれることになるのである。

 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。

関連項目