長野総合車両センター

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「長野総合車両センター」の項目を執筆しています。
アンサイクロペディア無し.png
ナニモノかが、アンサイクロペディアに「長野総合車両センター」の項目を執筆しましたが、NRV厨・八百科事典厨・削除厨の暗躍により削除されてしまいました。

長野総合車両センター(ながのそうごうしゃりょうせんたー)とは、鉄道車両のみを吸い込むブラックホールである。所在地は長野県長野市

概要[編集 | hide | hide all]

当ブラックホールは有名な観光地の善光寺からさほど離れていない場所に存在する。 銀河系中心部にあるといわれるものなどと比べると極めて小型であるが、周辺には住宅街なども広がっており、通常ならば極めて危険なものとして取り扱うべきものである。

しかし、このブラックホールは鉄道車両のみを吸い込むという特異的な性質を持つことから、長野市をはじめ、日本政府NASA、国際天文学連合(IAU)などはその存在を無視している。

内部には通称「留置線」と呼ばれる場所(降着円盤)のほか、通称「解体線」と呼ばれる場所があり、そこがこのブラックホールの「事象の地平面」となっており、ここに入った車両は二度と出ることができない。

吸い込まれる車両はすべてJR東日本の車両であり、時としてその巨大な引力で首都圏で活躍する車両を大量に吸い込むことがあるが、車両センターにほど近い長野駅を発着するしなの鉄道長野電鉄JR東海の車両は決して吸い込まない。また、JR東日本の車両でも、事象の地平面に入り二度と出てこないものと降着円盤にははいるものの何度も出入りを繰り返す運のいい車両の2つに分かれることから、JR東日本が秘かにこのブラックホールの操作技術の開発に成功しているとの見方もあるが、その真相は検閲により削除

国鉄由来の貴重な車両を多く吸い込み、その多くが二度と出てこないことから、鉄道教信者の怨みは大きい。

事象の地平面に入ってしまった不運な車両たち[編集 | hide]

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

降着円盤への出入りを繰り返す幸運な車両たち[編集 | hide]

211系

キハ110系

クモユニ143形

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

関連項目[編集 | hide]