関東鉄道

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関東鉄道(かんとうてつどう)とは、関東地方1都6県をあまねく網羅する路線網を持つ大手私鉄ではない。

茨城県南部に、約60kmの路線を持つ中小私鉄である。親会社は京成電鉄東武鉄道などだが、何故かその中に伏見稲荷神社が入っており資本関係にも謎が多い。僅かながらあのアキバエクスプレスとも資本関係がある。

壮大な社名に対し、路線長は関東を走る鉄道としては小さいものであり、かつ予算不足によって電化すらされていないのが実情である。

概要[編集 | hide | hide all]

その社名からして一見関東地方一都六県を網羅する大手私鉄であると思えるが、実際は茨城県南部にしか路線を持たず、本社すら茨城県にあるという、名称に偽りがあると思われ続けている鉄道会社。常総筑波鉄道と鹿島参宮鉄道が合併して出来た会社で、発足時には取り敢えず4路線100km越えの路線網を確保できたものの、金にならない筑波線と鉾田線は子会社に捨てた。なお、両線とも廃線となっており、現在では無かったことにされている。

表面上、鉄道会社で本業は鉄道である筈だが、寧ろバス事業が主体になってきており、茨城県南部各地にバスを運行するほか、僅かながら不動産事業も行っており、ニュータウン開発なども行っている。

鉄道事業[編集 | hide]

常総線と竜ヶ崎線の20路線、550.6kmを所持している。

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。