雨ニモマケズ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

雨ニモマケズ(あめ - )は、1931年頃に宮沢賢治によって執筆されたのキャッチコピーである。キャッチコピーにとしては長すぎであるが、長いこともあり、近年までポエムの一種として親しまれている。

原文[編集 | hide | hide all]

以下全文を載せる。

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ䕃ノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

解説[編集 | hide]

傘のキャッチコピーなので、宣伝文句のようになっている。

雨ニモマケズ

雨に負けない耐久性のある傘というアピール。

風ニモマケズ

強い風が吹いても骨が折れることがない丈夫な傘というアピール。

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

雪のような重いものが傘に積もっても大丈夫。暑い日には日傘としても使うことができるというアピール。

丈夫ナカラダヲモチ

風ニモ負ケズとダブっているが、丈夫な傘であるというアピール。

慾ハナク

会社に金儲け慾が無いため、安い値段になっているというアピール。

決シテ瞋ラズ

「使用中に問題がございましたら、すぐ弊社にご連絡ください。瞋らず丁寧にご対応させていただきます。」という会社のアピール。

イツモシヅカニワラッテヰル

傘がいつも寄り添ってささやかな幸せを与えたいという願い。

一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ

皆さんに健康的に過ごしていただければという会社の願い。実際は、健康な人が多いほど商品が売れやすいという大人の事情

アラユルコトヲ

ひっくり返したりバットだったり、どんな用途でも頑丈なので使えますという傘のアピール。

ジブンヲカンジョウニ入レズニ

自分たちの勘定は考えていないので、傘が安くなっているというアピール。

ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ

傘の紹介をわかってほしいそして、忘れないでほしいという願い。

野原ノ松ノ林ノ䕃ノ 小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ

傘の保管場所について。すでに傘を購入した前提であるのは誰も気にしない

東ニ病気ノコドモアレバ (中略) ツマラナイカラヤメロトイヒ

この傘を持ってなら東西南北お出かけできるというアピール。ついでに善い行いをして企業のイメージアップ。

ヒドリノトキハナミダヲナガシ

傘が日照りで使用されない悲しさを表現している。

サムサノナツハオロオロアルキ

寒い夏は水が蒸発せず雨が降りにくいため、傘が使われない。そんな虚しさを表現している。

ミンナニデクノボートヨバレ

この傘を使うと普段の身長よりも高く見えるというアピール。

褒メラレモセズ

あまりにもネット上で褒められるとステルスマーケティングを疑われてしまう。それをやってはいないという企業のアピール。また、褒められても謙虚な姿勢でいたいという企業の指標でもある。

苦ニモサレズ

かといって酷評されすぎると売り上げが下がってしまうのでそれは避けたいという願い。

サウイフモノニ ワタシハナリタイ

そういう傘を私たちは作っていきたい。というか作っているというアピール。