骨川氏

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

骨川氏(ほねかわし)とは剛田氏と家来関係であった伊予国の商人である。代々大金持ち。

概要[編集 | hide | hide all]

12世紀の伊予国の商人が起源とされ、姓は、その商人が重信川を発掘していた所古骨が見つかって一気に豪商になった事に由来する。これ以来骨川氏家系はずっと豪商であった。また、発祥当初の12世紀頃からその有能性から鎌倉幕府の御家人に抜擢され、鎌倉に屋敷を置いた。後にこの一家は相模骨川氏と呼ばれるようになる。相模骨川氏は、相模国御浦郡野比村に住む農民(現:野比家)との取引があり、深く関わっていたという。

戦国時代以降は、同じ商人族であった合田氏の最大勢力であった剛田氏との小競り合いが続き、最終的には金銭の面では骨川氏が上であるが、支配の上では剛田氏が上という力関係が出来上がった。

その後骨川氏の一部が、江戸時代に江戸に移住し、骨川商事を開き、後に現在の骨川財閥となった。