高城高速度鉄軌道交通委員会

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高城高速鉄軌交通委員会(たかしろこうそくてっきこうつういいんかい、高城高速度鐵軌道交通委員會)とは、のび太国の最大都市高城の地下鉄を運営する事業者である。

概要[編集 | hide | hide all]

高城における唯一の地下鉄事業者で中心部においては実質独占事業となっている。2018年現在11路線、276.1kmで営業しており、東京に負けず劣らずの路線網を構築している。

歴史[編集 | hide]

1942年に大日本帝国で成立した帝都高速度交通営団の影響を受けて設立された高城高速度交通営団(高城高速度交通營團)が前身である。新日本帝国は本家大元の大日本帝国とは異なって連合国陣営での参戦だったためにアメリカなどの交渉は受けず、戦後も周辺民鉄と国・府、市の合弁出資によるものであった。それ以降長らく同営団による運営が続いたが、1985年に政権を取った社会帝国党剛田政府が共産主義的秩序形成を目的に施行した共産六法の1つである「特殊社・財団改組法」により新日本帝国の全公社・公団・営団を官公庁事業化又は国家経済統制委員会へ改組をすることになったため、1985年5月2日に現在の形態となった。なお改組日は高城の都市高速道路事業を運営していた高城高速度道路交通公団(高城高速度道路交通公團・現:高城高速度都市道路交通委員会)と同日である。

路線[編集 | hide]

関連項目[編集 | hide]

 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは110日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。