高所恐怖症

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Medical
ご自身の健康問題に関しては、神に訊くか、医者に行って確かめるか、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。
また、免責事項もあわせてお読み下さい。

高所恐怖症(こうしょきょうふしょう)とは、高い所にいると発生する病気である。

概要[編集 | hide | hide all]

精神疾患の一種。いわゆる高山病のようなもので、高い所にいると酸欠状態となり、吐き気や倦怠感、意識が朦朧としたり、さらに寒気を覚えたり、不安な気持ちになったりする。高い所にトラウマを抱えている訳でもなく、ただ単に高所に登るだけで症状が発生することもある。また、高所恐怖症を生じることにより精神錯乱状態となり、突然暴れ始めたり、暴言を吐き始めたりする場合も存在する。

理由[編集 | hide]

専門家によれば心配症の一つともされており、「落ちるんじゃ無いか」と杞憂したりすることに起因される。また、人間は元々高所に対する恐怖感を植え付けられている訳ではなく、後天的なものともされている。あえてそれを「肝試し」とするバンジージャンプスカイダイビングボルダリングなどもあるが、これは人間が高所恐怖症に打ち勝つために行うものだという説が有力である。

高所平気症[編集 | hide]

稀に高所に登っていても何も起こらず、平気でいられる者もいるが、これを俗に高所平気症という。これは、生まれつきマンションの高いところにいることなどから高い場所に慣れてしまった結果、高い所にいても何とも起こらなくなってしまった、というものである。よく、子供が窓やベランダから転落死するという痛ましい事件が発生しているが、これはその類いのものである。また、あるパルクールの専門学校では命綱一本で高さ200mの絶壁に吊り下げられ、高所を克服するどころか高所平気症となるまでひたすら吊り下げられっぱなしだという。

関連項目[編集 | hide]