出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
モモタロス.png
鬼 Demon(赤鬼)
基本情報
英語名Demon
Status iucn3.1 CR.svg
分類
動物界 Animalia
脊索動物門 Chordata
亜門脊椎動物亜門 Vertebrata
哺乳綱 Mammalia
霊長目 Primates
ヒト科 Hominidae
鬼属 Demon

(おに)とは、霊長目ヒト科鬼属(おにぞく、:Demon)に分類される構成種の総称のことである。

概要[編集]

鬼とは古来より、存在している人間と同じヒト科の生物である。[1]その発生については定かではないものの、人間史が始まるとほぼ同時期から、鬼の記述がみられることから人類と同時期にサルから進化したとされている。

人間とはお互いに利益を与え合うことはほとんどなく、鬼は頻繁に人を襲い財産を盗難していたことが分かっている。人間側も鬼に対しては攻撃的な姿勢であり、桃太郎などは確認できる最古の鬼退治紀行である。しかし、鬼族と人類の争いの歴史の中でも地方では鬼と人間が共生していることがある。[2]

鬼は主に日本全国や中国などに分布している。大正以降、大規模な駆除[3]が行われたため、現代では個体数が激減しているものの、地方では未だに出没が確認されている。鬼の現在の主な住処としては秋田県や兵庫県などがあげられるが、少数ながら都市部の山林にも生息している。

近年、人類による種の迫害が進んだ後、多くの鬼はその活動の場を地獄に移し、閻魔大王の庇護のもとで生息している。[4]

IUCN(国際自然保護連合)によると、現在地球上に存在している鬼はほぼいないとして、絶滅危惧種に指定されている。

形態[編集]

頭部には二本、もしくは一本の角が生えており、口に牙が生え、指に鋭い爪がある。それぞれ攻撃用ではなく威嚇用ではあるが、攻撃時に使用することがある。頭髪は細かくちぢれている個体が多い。総じて人類と同じ体の構成をしており、自然物を利用した下着を着用している場合が大半である。

知られていないことが多いが、オニクワガタ(鬼鍬形)、オニヤンマ(鬼蜻蜒)、オニヤドカリ(鬼宿借)、オニグモ(鬼蜘蛛)、オニユリ(鬼百合)などは鬼の一種である。

体長オス150 - 180センチメートル、メス150 - 160センチメートル[5]。体重オ200 - 220キログラム、メス100 - 180キログラム。

出産直後の鬼は体重1.8キログラム。

生まれた地域や、親鬼の血統によって様々な毛色があり、主に赤色、青色、山吹鬼などがある。性格は天邪鬼で非常に荒々しく、疑心暗鬼であるため仲間や家族であっても暴力を振るう。また、鬼同士の戦いは一族・群れの長を決めるためでもあるため棍棒などの武器を使用した壮絶な戦いになる。

鬼は血液型を有するが、これはABO式血液型であり、ヒトの血液型全く同じである。そのため、輸血の際には鬼の血を使用できることがわかっている。

一般的には、ほとんどの鬼がイワシを苦手としている。

生態[編集]

基本的に単独行動を好み、残虐な性格故群れで活動することはあっても大抵の場合喧嘩が発生する。主食は野生動物であるが飢餓状態である場合には共食いも行う。人類も食事の対象になることがあるため、人類との戦いになった。

知能はゴリラやオラウータンと同程度かそれ以下とされるが、言語を扱うことができる。複雑な道具は作れないが、火を取り扱ったりこん棒などを自作することができる。

脚注[編集]

  1. 筋肉の構造的にはゴリラに近い遺伝子構造である。
  2. 「泣いた赤鬼」参照
  3. 「鬼滅の刃」より出典
  4. 一説によると、一族を殺した人類に復讐するためである。
  5. 人類同様平均身長は伸びているものと思われるが、個体差が激しい。

関連項目[編集]

 

この項目『』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ